ワキガの手術をするときに聞くべきこととその費用のおおよその目安

MENU

ワキガの手術ではいくらぐらいかかるの?

ワキガ デオドラント効かない

 

ワキガ手術の料金はクリニックによって違います。

 

理由は、以下が主な理由です。

  • 健康保険が使える術式と使えない術式がある
  • 使える術式であっても、自由診療として扱っているクリニックが多い

 

ワキガ手術は健康保険適応だと診療報酬が少ないので、じっくり診る事ができないというお医者さんがいます。そのため、自由診療としてワキガ治療に見合う正当な医療報酬を受け取ってしっかりと相談に乗りたいと考えるお医者さんも多くいます。

 

外科的治療だけではないワキガ診療

ワキガの治療は手術や投薬(デオドラントクリームや殺菌クリームなどの処方)だけで済むものではありません。(最近は軽度なワキガの場合デオドラント商品で臭いを軽減する人も多くいます。個人のワキガ対策サイトなどで紹介されていることも多くあります。

 

ワキガ症だと思ってやってくる患者さんは心に悩みを抱えて訪れる場合がほとんどです。そのため、しっかりとカウンセリングをしたりワキガの程度を見極める必要があります。また、大きな手術だと脇の下を切開して汗腺を取ってしまうわけですから、インフォームドコンセントも必要になります。

 

インフォームドコンセントとは

 

医師が治療を受ける患者さんに対して「十分な説明をし」患者さんが「同意」をして行う必要があります。そのため「医師は患者に治療や投薬の内容などのわかりやすい説明をして、患者が理解したうえで治療をする」という考え方

 

 

現在の治療方法のトレンド

最近のトレンドとして、傷が残りにくい術式を選ぶ人が増えています。女性の場合は脇に傷があるとコンプレックスになりますし、傷が残りにくい術式は完治までの日数も短くて済むため仕事や学業への影響が小さくて済むからです。

 

特にミラドライと呼ばれるメスを使わない手術は人気です。皮膚の上からマイクロウェーブ(電磁波)を当てて汗腺の働きを破壊する方法です。

 

この方法だと体を切らないのでダウンタイム(腕を上げることのできない期間)もほとんどありません。体への負担が少ない治療法ですが、効果は汗腺を取り除く外科的治療とほぼ同等と言われています。デメリットは健康保険が効かないことになります。

 

もう少し手軽な方法にボトックス注射があります。これは注射で汗腺の機能を麻痺させ、ニオイを低減させる方法です。ボトックス注射自体はお肌のシワ取りとして長年行われているものなので安心です。美容整形で行うことがほとんどです。効果は永久ではなく、個人差はありますが3ヶ月ごろから徐々に切れ始め、だいたい半年~10ヶ月で効果がなくなります。

 

ボトックス注射は、ワキガの手術をするほどではない方・高校生や大学生など汗腺の成長が止まっていない方・ワキガではなくなるという事を体感してみたい方などにおすすめです。

 

 

 

クリニックの選び方

ワキガ治療を行ってくれるクリニックはしっかりと検討してみることが大切です。いわゆる「病院」だと健康保険が使えるところが見つかりやすいです。形成外科などでワキガの治療を行ってくれます。健康保険の使える手術法、また使わない場合どんな手術方法があるのかなど聞いてみるといいと思います。

 

反対に、ワキガ専門のクリニックや美容整形のワキガ治療などの場合は健康保険が使えることはほとんどありませんが、豊富な術式を扱っていて自分に合った方法を選べるのがメリットです。一番手軽で手頃なボトックス注射から、汗腺をハサミで切ってしまう剪除法まで様々な方法があるのでじっくり相談しましょう。

 

手術の前に確認しておきたい事

  1. 健康保険適用か否か
  2. 健康保険適用か否か
  3. 片脇の金額なのか両脇の金額なのか
  4. 手術の方法
  5. 効果の期待度
  6. 入院の必要性
  7. 術後のダウンタイムの期間
  8. 傷跡(脇毛)について

 

その他、気になることがあった場合は手術前にすべてクリアにしておくことが大切です。また、手術後の経過に不信感をいだかないように、カウンセリングの時点で納得がいかないことや不親切に感じた場合は他のクリニックにも相談してみるのがおすすめです。